読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

One day at a time

エンジニアの日常を綴るブログ

岡山駅から広島駅へ通勤する日常について

このエントリは「地方在住ITエンジニア・アドベントカレンダー 2015」の20日目の記事です。

www.adventar.org

自己紹介

僕は篠原卓といいます。岡山県岡山市に住んでいます。SIerでエンジニアとして働いていて、主にJavaPHPRubyを使ったWebアプリケーションやサービスの開発・保守を担当しています。職場は広島県広島市にあるため、毎日新幹線で通勤しています。

なぜ新幹線通勤しているの?

元々は広島市で一人暮らしをしていたのですが、結婚を機に岡山市に引っ越してきました。当時、妻とは広島と神戸で遠距離恋愛をしていて、お互いの今の仕事(僕は広島・妻は大阪)を結婚しても続けたかったので、中間地点である岡山に住むことに決めました。ちなみに妻も岡山から大阪に新幹線で通勤しています。

新幹線通勤って大変じゃないですか?

新幹線通勤している(しかも夫婦揃って)と人に言うと、大抵かなり驚かれるのですが、時間距離で言うと岡山駅〜広島駅間は約40分、岡山駅〜新大阪駅は約45分なので意外と通勤時間はかかりません。まぁそれでも地方に住む人の平均よりはかかってしまっているとは思います。余談ですが、毎朝同じ新幹線に乗っていると大体同じ人がホームで並んでいたりするので、新幹線通勤している人って意外と多いのではと思います。でもさすがに新幹線通学している小学生を見たときはびっくりしました。。

また、通勤費に関してもよく質問されるのですが、3ヶ月の定期代岡山駅〜広島駅で356,440円、岡山駅〜新大阪駅で381,530円です。(もし定期を買った直後に失くしでもしたら大変なことになります。幸い今のところ無いですが・・・。)通勤費については会社がかなり負担してくれているのですが、一部自腹です。夫婦共働きなので、なんとかやりくり出来ている状況ですねー。

広島と岡山のIT界隈の文化の違い

広島〜岡山間を自由に移動できることもあり、ここ1年くらい岡山と広島の両方のIT系の勉強会にちょくちょくと顔を出させてもらうことが出来ました。その経験からコミュニティや勉強会の盛り上がり具合について、現状広島よりも岡山に分があるように感じています。それには以下のような環境差異が背景にあるのではないかなと考えています。

  • 広島は中国地方最大の都市のため、大企業の支社や支店が多く、どちらかというと大企業を中心にビジネスが回っている。大企業関連の人はあまり社外のコミュニティに顔を出さない傾向があるので、そういった場に足を運ぶ人の絶対数が増えにくく、結果としてイベントが盛り上がりにくい環境になってしまっている。
  • 岡山は中国地方では広島についで2番目の規模の都市になるが、その分、中小企業や個人事業主の活躍に支えられている部分が大きい。そのため、似たような環境で働く人同士で組織を超えて繋がりあって情報交換するような文化が形成されやすく、コミュニティも盛り上がりやすい環境にある。

僕は広島で大企業の中で仕事をしているのですが、社外の交流を求める人はあまり居ないように感じます。大企業の中の人がもっと外の世界に目を向けて活動していければ、より地方が盛り上がっていくんじゃないかなぁと思うところはあるので、まずは自分が微力ながらコミュニティや勉強会にもっと貢献できるようになっていきたいです。

今後も岡山から広島に通い続けるの?

ずっとこの状態を続けるのは難しいと考えているので、なんらかの形でまた別の場所に移動することを検討しています。もしリモートワークによる勤務が可能であれば、選択肢はかなり広がると思うのですが、今の職場でそれを実現するのはかなりハードルが高いようです。よって、広島もしくは大阪に移るのが現実解になりそうです。

アドベントカレンダーはまだまだつづくよ

明日は@yagerさんです。よろしくお願いします!

オープンセミナー2015@岡山に参加して感じたこと

先日「オープンセミナー2015@岡山」というイベントに参加しました。オープンセミナーには今回はじめて参加したのですが、とても楽しく充実した濃い一日を過ごすことができたので、イベントの簡単な紹介と感じたことを書いておきます。

オープンセミナーってどんなイベント?

中四国地方の各県で毎年開催されている、ソフトウェア技術をテーマにした無料セミナーです。決められた1つのテーマについて、県内外から招かれたスピーカーが講義形式で発表&質疑応答を行うといった流れでした。午前の部で30分×3コマ、午後の部に60分×3コマと、なかなかのボリューム。他にも展示ブースがいくつかあって、そこでOculusRiftを初体験できました。ちなみに会場は岡山県立大学の大きめの講義室でした。

今年のテーマについて

『IT業界におけるセルフブランディング』でした。個人のブランド力やキャラクター性を確立するにはどういった心掛けや行動を取っていけば良いか?といった観点から、個性的なスピーカーの皆さんがこれまで歩んできた人生の物語をたっぷり聞くことができました。どの物語も共感できる部分が多くて本当に面白かったし勉強になりました(参考:セッション内容 |オープンセミナー2015@岡山)。

セルフブランディングを成功させるには

セミナーで学んだことを踏まえて、これから以下の3つを意識して過ごしていけたらなと考えています。

①自分にできることからまずやってみる。自信が無くても行動することが大事。

 行動していれば思いがけず他の誰かの目にとまることがある。それがきっかけで次のステップに進めるパターンが少なくない。

②自分が純粋に楽しめることを見つけてコツコツ育てていく(習慣化する)。

 習慣化するまで持っていくのがミソ。そのために、自分が楽しめることを選んで、できるだけ数値目標を立てたり日課にしたりすると良い。①とも関連するが、目に見える成果があることで誰かの目にとまりやすくなる。

③オンラインだけじゃなくてオフラインでの繋がりも大切にする。

 今回、一番ハッと気付かされたのがこれ。オフラインで実際に会うのと会わないのでは、親近感が全然違うし、その後のオンライン上でのやりとりも良い意味で変わってくる。オフラインならではの、偶然の出会いとかセレンディピティが生まれて、良い流れに繋がっていく可能性が高まる。そういえばGoogleでも社員同士の偶然の会話が生まれやすいようにオフィスが工夫されているって話を読んだことがある(参考:How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント)。

さいごに

オープンセミナー、めちゃくちゃアツいイベントです。岡山はIT業界のコミュニティ活動がすごく盛り上がっていて良いですね。今後、他のイベントにも可能な限り参加したいと思います。

togetter.com

DBスペシャリスト試験を受けてきました。

こんにちは。

本日、平成27年度のデータベーススペシャリスト試験を受験してきました。昨年度は不合格だったので、今年はリベンジ合格を目指した2回目の受験でした。まだ試験の記憶が残っているうちに、手応えや感想をメモしておきます。

午前2

午前1は免除なので、午前2から受験。例年より難化したように感じました。また、全体的にSQLの問題比率が上がっていたようにも思います。過去問そのままの出題もありましたが、過去問から設問内容や選択肢を微妙に変えた問題もあったような。曖昧な理解だと正解できないような問題が多くて、時間もギリギリで正直「ヤバイ。。。」って思いながら解いていました。

自己採点結果:25問中18問正解で無事通過(ホッ。。。)

午後1

昨年は51点で不合格となった午後1。今年は最優先で学習した分野でした。問1〜問3から2問選択形式で、僕は問1と問2を選択しました。

(問1)書籍のECサイトのデータベース設計。出題内容は典型的だったと思います。予定時間を5分オーバーしたものの、全ての解答欄を埋めることが出来ました。しかし、設問2の概念データモデルの問題があまり自信無いです。正答率6割くらいの手応え。

(問2)電気設備工事の案件管理システムのデータベース設計。こちらも過去問通りの素直な問題。概念データモデルと関係スキーマはきっちり書けたと思います。後半の設問の集計SQL文の穴埋めは時間が足りずにさわり部分の1〜2割しか書けませんでした。正答率5〜6割くらいの手応え。

午後2

問2のデータベース設計を選択。設問1は概念データモデルと関係スキーマを白紙にイチから自分で書く形式でしたが、問題文中に類似のデータモデルが記載されていたため、それを参考にしながら書くことが出来ました。設問2および設問3は業務変更に伴う設計変更・データ移行に関する問題で、業務変更内容の読解にかなり苦労しましたが何とか全問解答しました(自信はあまり無し)。正答率は6割くらいの手応え。

総括 

試験の傾向としては、昨年度に引き続きSQLに関する出題が増えているようです。また、改めて結構実用的な試験だなと感じました。手応えは午後1、午後2ともにギリギリ合格ラインの6割に届いているかどうか、といったところです。

合格していたら嬉しいなぁ。

 

(2015/06/19 追記)

午後1が66点、午後2が54点で不合格でした、残念。

また来年頑張るかな。

成長のサイクル

もうすぐ社会人6年目が終わろうとしていますが、最近は仕事の面で成長したなーと感じることが多いです。そこで今回は僕の成長サイクルってどうなっているんだろう?って振り返ってみた内容について書いてみます。

 

学生時代や社会人生活を振り返ると、時間軸では大体3年単位で成長サイクルが回っていると思いました。

  • 1年目:がむしゃらに全力疾走してみる。当然、失敗も多く課題が見つかる。
  • 2年目:失敗から学び、見えてきた課題の解決に努める。
  • 3年目:ある程度の成功体験(時には挫折も)を味わう。次の方向性も見えてくる。

 

また、日々の行動内容に着目すると、「基礎の習得」と「応用・実践」の繰り返しによる成長サイクルもあると思います。

  • 基礎の習得:自主学習や研修、トレーニングによる基礎事項の習得
  • 応用・実践:研究や業務、発表会等でのアウトプット 

(応用・実践でうまく行かない場合の原因が、基礎の習得不足に帰結することが多々ありました。。)

 

現在は社会人として時間軸では2サイクル目の終わりと3サイクル目の始まりに差し掛かっていて、これまでの経験を踏まえて新しい挑戦をしていきたいと思っているところです。この時期がある意味一番ワクワクして面白い時期なので、1日1日楽しんで過ごしたいです。

 

こんな風に死ぬまで成長を繰り返していければ、良い人生が送れそうな気がしているのですが、どうなんでしょうね。

英語やり直し

今年は本格的に英語の勉強をやり直しています。

 

差し迫って業務で英語が必要というわけではないのですが、社会人になってからは数年に一度TOEICを受けるとか(その受験前にちょこっと勉強するだけ)、開発でハマった時に英語のサイトで調べ物や簡単な問い合わせをやったりするぐらいしか英語に触れる機会がなく、徐々に危機意識が芽生えているのです。

 

いつ英語で仕事をするチャンスが訪れるかも分からないですし、そのチャンスが来たら絶対逃したく無いなって想いもあって、英語をやり直してみようと決意しました。

 

発音力の強化

いま力を入れているのは、発音力の強化です。大抵の日本人と同じように、僕も読み書きは多少出来ても聞く事と話す事はすごく苦手です。昨年末あたりに、最近はどんな学習法が流行っているのかとAmazonで参考書を探していたところ、「ITエンジニアのためのゼロから始める英語勉強法」といういかにも(!?)なタイトルの本が目に留まりました。

 

ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法

ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法

 

この本では、まず初めに英語の個別の音(子音、母音)を認識できるようになることが大切だと書かれていて、「英語のリスニングは発音力で決まる!」という教材でのトレーニングが勧められています。そこで勧められるがままにこの教材を使った発音トレーニングを始めたのですが、少しやってみただけで自分が今まで如何に発音に気を使っていなかったのかを思い知ることとなりました。それと同時に、これを足掛かりに地道に発音トレーニングを積み重ねていけば確実に力が着きそうな予感がしました。(まだあくまで予感ですが。。)

 

この発音練習と並行して、本書でも紹介されている1枚の英語のCDをひたすら繰り返し聞き込むというトレーニングも進めています。こちらは通勤時間にほぼ毎日聞いている状況で、いま約1か月程経過してだいぶ耳が英語に慣れてきたように思います。

 

来月中旬に約3年ぶりにTOEICを受験する予定なので、まずはそれまでに可能な限り発音と聞き込みのトレーニングを積み重ねてみます。リスニングセクションの得点にどれくらい反映できるか、楽しみです。

エレベーターピッチ

こんにちは。

最近アジャイルサムライを読み始めたのですが、その中でエレベーターピッチに関する話が紹介されていて面白かったので、今日はその内容について書きたいと思います。

 

エレベーターピッチとは、短時間で簡潔に自社を売り込む説明のこと。

短時間で簡潔な説明「エレベーターピッチ」は会議でも使うべし | ライフハッカー[日本版]

 

アジャイルでもウォーターフォールでも、自分達が開発するプロダクトが何を目指しているのか?をチームメンバ全員が理解しておくことは非常に重要だと考えています。プロジェクト開始前はもちろん、メンバが途中参加したりするタイミングにおいて、当事者間で改めて目的や手段の認識あわせをしておく際にエレベーターピッチを作ってみるという作業は非常に有効だと思いました。

 

アジャイルサムライでは、エレベーターピッチの効能として以下の3点が挙げられています。

  • 明快になる
  • チームの意識を顧客にむけさせる
  • 核心を捉える

プロダクトが誰のために何を提供するのかを具体化し、どのような強みを持って顧客に利益をもたらすのかを整理することができます。さらに、本当に重要なことを明確にすることができます。

 

また、エレベーターピッチのテンプレートとして以下が紹介されていました。

  • [潜在的なニーズを満たしたり、抱えている課題を解決したり]したい

  • [対象顧客]向けの、

  • [プロダクト名]というプロダクトは、

  • [プロダクトのカテゴリー]である。

  • これは[重要な利点、対価に見合う説得力のある理由]ができ、

  • [代替手段の最右翼]とは違って、

  • [差別化の決定的な特徴]が備わっている。

これら全てが明確になっている(明文化されている)プロジェクトって、正直そう多くは無いと思います。少なくとも自分が担当するプロジェクトについて、エレベーターピッチを作って理解しておくことを心掛けたいです。

 

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

アジャイルサムライ−達人開発者への道−

 

 

アサーションとDESC法

はじめに

コミュニケーションスキルの1つであるアサーションについて学習する機会があったので、その概要と使い方を紹介します。 

アサーションとは?

自分の伝えたいことを相手と自分の感情に配慮した上で確実に伝える方法。「適切な自己主張」とも訳されます。アサーションを使うメリットは次の通りです。

  • 相手との人間関係をうまく維持しながら、自分の思いを伝えることができる。

  • 伝えられた内容を相手が素直に受け入れることができ、指示・依頼などがより効果的になる。

結果として、アサーションを使った自己主張は、個人・組織の生産性の向上につながると言えます。

DESC法によるアサーションの実践

DESC法はアサーションの考え方に基づいて、相手を傷つけずに自分の主張を分かりやすく伝えるテクニックです。以下の4ステップでコミュニケーションを進めて行きます。

1. Describe(事実を話題にする。)

客観的事実をベースに主張したい内容を簡潔に伝えます。相手の人間性や能力、自分の感情は含めないことがポイントです。

 例)これから〜について話しましょう。

2. Express/Explain/Empathize(自分の気持ちを表現、説明する。)

自分自身の気持ちや考えを伝えます。その際、主語は「私」にするようにします。

 良い例)私は~と思います。私は~と感じます。

 悪い例)なぜ(あなたは)~しなかったのですか?

3. Specify(具体的な提案をする。)

「~してくれたら、私は助かる」のように相手に選択の余地を与えるような言い方で提案を行います。「~してください」というような半ば強制的な言い方での依頼は極力避けるようにします。

4. Choose(結論を選択する。)

提案に対する相手の回答について、YES/NO両方の場合を想定しておきます。相手の答えがNOの場合には代替案を提示するようにします。

まとめ

いかがでしたか?

アサーションを上手に活用して、穏やかで生産的な日常を過ごして行きたいものです。